So-net無料ブログ作成

なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか? [本]

順境か、逆境か。
えーっ!?と言われそうですが、今のさざえぱぱは
どちらかというと、逆境に居ます。環境変化がリスク
と言われる病気を抱えながら、色々なことを変える事を
求められています。

不安だらけのさざえぱぱですが、折れそうな心を
どうコントロールするか、少しヒントをもらえた気がします。

ビジネスマン向けに書かれている(ビジネスマンとしての
視点しか持ち合わせていない気もする)が、そうでない
方も立場を置き換えて読むことが出来れば、物事が
思うようにいかない時に、自分を整理するヒントとして
気づきを得ることがあるかもしれません。




なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?

なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?

  • 作者: 久世 浩司
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人生がときめく片付けの魔法 [本]

お部屋お掃除中にこの本を読むと、なんだか効率が上がる気がします。

目下お部屋片付け中のさざえぱぱ。特に頂き物とか、葉書とか、写真とか
昔の日記など、処分しにくいものをどうしようかとちょっと悩んでいましたが
どこから手を付けたらいいのか、どう進めればよいのか、ヒントを貰うこと
が出来ました。

この本の通りに進めれば、本当にきれいに片付くと思うのですが、残念
ながら、実践は難しい感じです。ちびちび片付けしています。



人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者: 近藤 麻理恵
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

聞く力 [本]

昨年最も売れた本となったこの本、漸く読むことが出来ました。
人の話を聴くという類の本を読むと、毎回「カウンセラーの勉強
と通じるな」と思うのです。この本でもそんなことを感じながら
読みました。

阿川氏の軽妙な文章でスルスルと読めて、ヒントいっぱいの
一冊でした。




聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

  • 作者: 阿川 佐和子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/01
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「おでん屋」で企画書の書き方を学ぶ [本]

さざえぱぱは企画をするお仕事ではないので、
まともな企画書を書く機会が余りないのですが
ちょっと面白そうだったので買ってみました。

おでん屋という設定は良いのですが、物語風が
災いして、残念ながら、何を言いたいんだか
要点がボケちゃった感じもします。

解説は改めて自分で整理しないといけない
読み物です。

後半に例題が沢山あるのでこちらで手を(頭を)
動かすのがメリットありの書籍に思えます。




「おでん屋」で企画書の書き方を学ぶ

「おでん屋」で企画書の書き方を学ぶ

  • 作者: 竹島 愼一郎
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



置かれた場所で咲きなさい [本]

誰もが色々悩みを持っているかと思います。不満がない人はいないと思います。
しかしながら、その悩みや不満は考え方ひとつで全然違う見方が出来る事もあります。
そんなことを気づかせてくれる、ホッとする1冊でした。

折を見て繰り返して読み直したいと思います。




置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

  • 作者: 渡辺 和子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: 単行本



「ひとり時間」のすすめ [本]

さざえぱぱはひとり時間が好き

よくよく考えてみればこのブログを
書いている時間もひとり時間だったり
します。好きと言うより大事な時間。
さざえぱぱの重要度とはちょっと違う
感じのひとり時間のすすめが提案されて
いて、とても参考になりました。
さざえぱぱの一人時間はそのうち
裏さざえぱぱ日記に登場します。

ひとりじゃダメ。と思っている皆さんにも
参考になりそうです。


「ひとり時間」のススメ (中経の文庫)

「ひとり時間」のススメ (中経の文庫)

  • 作者: 中山 庸子
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2008/09/26
  • メディア: 文庫



女子校育ち [本]

チョーウケる!!!

昨年出版された本なのでそれくらいか、ちょっと前の女子校事情
が書かれています。7年かけて色々な女子校の卒業生に取材をした
そうです。

幼稚園(年長)から高校まで13年間ウッカリ女子校に通ってしまったさざえぱぱ。
自称コアな女子校育ちです。もちろん!?わが母校も取り上げられています。

ごきげんよう

タブリエ

クラス対抗の合唱祭

等々卒業生の方なら「あぁ~」というキーワードが出てきます。
全然変わっていないよー。この本、きっとさざえぱぱと同じ境遇
の方なら実情を知っているだけに、説明しがたい妙な共感と笑いを
もって読めると思います。

しかーし、わが母校、お掃除御三家に登場するのですが、卒業から
ウン十年を経て、「片付けられない女」寸前の部屋に住んでいます。

あー、確かにスリッパ雑巾とかあったよね。

それも、また笑える。。。




女子校育ち (ちくまプリマー新書)

女子校育ち (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 辛酸 なめ子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「うつ」とよりそう仕事術 [本]

さざえぱぱと同士だ!
と思って迷わず買いました。
そうそう、と思うことも、えー違う!と思うことも
色々ですが、これから復職される立場の方があったら
参考になることが結構書かれているんじゃないかと
おもいます。

さて、さざえぱぱも2回の休職と2回の復職をしていますが、
この方の復職は今回の復職というより、1回目の復職の
時に似ているような気がします。

他にも工夫出来る事が沢山あると思うので、さざえぱぱの
気分が乗ったらさざえぱぱ日記に書いて行きたいと思います。



「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

  • 作者: 酒井一太
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



BIシステム構築実践入門 [本]

珍しく!?お仕事の本を読んでいます。
つか、今迄ずっとデータベースOnlyでやってきたのに
BIやれーッって言われて困惑しております。一から
勉強しないと。

amazonで一番評判の良かったのを選んでみたのですが
確かに読みやすい。あとはさざえぱぱの理解力ですね。
大丈夫かな。




BIシステム構築実践入門 (DB SELECTION)

BIシステム構築実践入門 (DB SELECTION)

  • 作者: 平井 明夫
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2005/05/24
  • メディア: 単行本



うつを越えて [本]

うつ病ちゃんの本には「そうそう、そうなのよ」と「えーっ何言っちゃってんの?」と
「なるほど」の3派に分類されるのですが、この本は「そうそう、そうなのよ」派
です。
身近にうつ病ちゃんが居たらその理解の一助になるのではないかと思います。
もちろん、この一冊で全ての人が当てはまり、全てが理解できるわけではありません。
が、誰でもうつ病ちゃんになりうること、そして必ず治るということがやさしく
書かれています。

ちょっと癒されました。



うつを越えて

うつを越えて

  • 作者: ジャン ヴァニエ
  • 出版社/メーカー: 女子パウロ会
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本